児童養護施設 子供の家 オフィシャルホームページ

子どもたちの生活

ホームでの生活

居室は小学生以下は1~2人の部屋、中学生以上は原則として個室でプライバシーが尊重されます。年齢に応じて、責任と自主性を持った生活が出来るように援助しています。
食事、入浴などはホームごとに行い、少人数での生活をしています。食事はホーム職員が調理をし、子ども達も配膳などの手伝いを一緒にしてくれ、楽しく食卓を囲むように心がけています。
日課はホームごとに、個々の子どもに合わせて決められています。起床、帰宅、就寝のながれは大まかなものはありますが、子どもそれぞれに必要なことや要望を考慮し、職員や子ども同士の話し合いによって決められています。食事のとり方や、テレビの見方などもその時の集団によって工夫されています。中学生の部活動の時間や、高校生のアルバイトの時間などについても話し合いをしながら約束を決めています。

遊び

園内には自然が多く、四季折々の木々や花が咲き誇っています。その中で子どもたちは、体・心・頭を使い走りまわったり、生き物を探したり、毎日楽しく遊んでいます。子どもたちのワイワイにぎやかな声が心地良くもあります。

家族との交流

それぞれの子どもや保護者の状況によって、交流の方法や頻度は異なります。長期休みの帰宅、休日の外出、児童相談所での面会などの方法があります。

学校

子どもたちは地域の小学校・中学校に通学しています。
高校は都立高校や私立高校へ通学しています。
大学や専門学校等への進学を希望し、奨学金等を受けながら通学をしている子どももいます。